非常に暑い環境で仕事をしている人や、運動などによって体の中で大量の熱量を発生するような状況の人が身体の適応障害を起こしてしまった状態です。高齢者、幼児、暑熱環境での労働者、スポーツ活動中の人などに起こることが多いようです。体温が上昇することによって起こる様々な体の不調で、屋内・屋外を問わず高温や多湿等が原因となって起こりますが、年々増加傾向にあります。その背景の一つとして最近の異常気象やコンクリートなどで密閉されて風が通らない建物構造になっていることも挙げられます。めまい、立ちくらみ、頭痛、吐き気、体温の高度の上昇、異常な発汗、または汗が出なくなる、乏尿などの症状がでます。


 熱中症予防のためには喉の渇きを自覚しなくても、少しずつ水分補給をすることです。水分補給と適度な塩分補給が必要ですが、夏は汗からカリウムも喪失してしまいますから、野菜、果物の補給も大切です。カリウムが足りなくなると、身体がだるくなったり、脈が乱れたり、こむら返りが起きたりしてしまいます。


熱中症と気づいた 場合は早めに受診して点滴を受けると早く回復します。