浮腫みは身体の細胞や組織の間に水が溜まることによって起こります。

 主な原因としては腎臓病、心不全、肝硬変、薬剤性などがあります。

 腎臓で水分や老廃物を尿として充分に排泄できないときには全身、特に目のあたりが浮腫むことが多いようです。

 

 血液の循環を調節している心臓の働きが低下し、毛細血管の血液が正常に心臓に戻れない場合に毛細血管の圧が上昇して血管内の水分が外に滲み出て浮腫みが起こり、特に下肢の浮腫みが目立つようになります。下肢の静脈には逆流止めの弁が所々にあるので、つま先を上げて歩くと腓腹筋(ひらめ筋)が収縮して足の静脈をしごくので、静脈内の血液が心臓に戻りやすくなり浮腫みを減らすことが出来ます。

 

 尿中にたん白質がたくさん漏れて血液中のたん白質が低下してしまうネフローゼ症候群や肝臓でたん白質を作れなくなってしまう肝硬変などでは血液中のアルブミン(たん白質の成分)の濃度が低下し、全身の浮腫みが起きてきます。 症状が続く場合は内科を受診して下さい。